物流の概略の仕組みを理解しよう

物流というものに対して、どういったものなのか実はよくわかっていないという人は少なくありません。

具体的な仕組みを理解しておくことで、物流をより効率よくする方法などを理解できるでしょう。

まず、販売店が卸業者やメーカーに連絡し、商品を発注します。

発注を受けたメーカーや卸業者は商品を工場に製造させて物流倉庫に納品しますが、卸業者の場合はメーカーから直接買い付けたものを納品する場合も少なくありません。

商品を納められた倉庫側は販売店に商品を納品するか、アウトソーシングを請け負っている場合には倉庫側に発注が来たら梱包・発送業務も同時に行います。

それぞれの業者によって卸業者ではなくメーカーに直接依頼する場合や販売店側で梱包・発送業務を行う場合もあるため、必ずしもこの限りではありません。

ただ、大まかな流れとしてはこのようになっています。