IT導入と今後への期待

日本のGDPの5%以上を占めると言われている物流業界では、倉庫をはじめとした多角的なIT導入が期待されています。

特に物流業界では若年層に対する人材不足が大きな問題となっており、今後の課題として国交省も乗り出すほどです。

一般的に倉庫を設置する場所としては都市圏よりも郊外が多く、通勤に時間がかかる部分をはじめとしてさまざまなネックが人材不足となっている原因の一つと言います。

そのため、倉庫内での業務の一部にロボットをはじめとしたITが導入されるようになりました。

高齢者・女性といった体力に自信のない人材でも安心して勤務できるよう、長時間重い荷物を持つ作業や荷を下ろし、さらに荷を積み込むための作業のサポートとして導入している企業は少なくありません。

ただしピッキングなどの作業はまだ完全に自動化されていないため、今後の課題と言えるでしょう。

業務をシンプルで効率よくすることによって、人材不足を解消できるといった期待が持たれています。