物流施設に行う不動産投資

リートとは複数の投資家から資金を集め、オフィスビルや賃貸住宅、物流施設などの不動産物件に投資することです。

物件から得られた家賃収入や売買益によって、利益を分配します。

物流施設の中でも倉庫に関連してリートが行われており、物流施設特化型という単一用途特化型の不動産物件とされているところが少なくありません。

単一用途特化型の場合、複数用途に比べて利用用途が明確となっているため、目的に応じた投資がしやすいというメリットがあります。

特に倉庫のような物流施設の場合、用途が明確化していることや物流業種に関しての規模の拡大が見込めていることから、利益率に期待をしている人が少なくありません。

物流関連のリートは人気が高く、取り扱っている証券会社も多いことから今後も投資家の人気が高い物件として取り扱われるでしょう。