日本の物流業界が抱える問題の詳細

日本の物流業界は燃料費の高騰や慢性的な人手不足などの問題を抱えています。

輸送業務では大量の燃料を消費しますが、近年の燃料費の高騰によって利益率が大きく下がっているのが現状です。

また、ドライバーの仕事は拘束時間が長いことや心身の疲労が溜まりやすいため離職率が高く、若い人材が集まりにくいことから人手不足の状態に陥っています。

法律で定められた規制が緩和されたことによって異業種の会社が運送業に参入するケースが相次ぎ、その結果、会社が得られる利益が相対的に減少し、経営が非常に困難な状況に陥っているのも問題の一つです。

車両の整備費用すら捻出できず、危険な状態のままで営業を続けている事業所も少なくありません。

重大な事故が起こるリスクも増大していることから、運送業界が抱える問題を解消するのは社会全体の課題になっています。