やることをやって難しければ外注へ

在庫管理や配送に至るまで、物流の作業を効率よく行いたいのであれば、納得いく形で効率化を図れるように自社内でよく話し合うことが必要です。

自社の中で効率よくコストを落として在庫管理などを行えるのであれば問題ありませんが、外注を行うことによって自社のコストを抑えて売上アップにもつながるのであれば、迅速に外注を行ったほうがよいでしょう。

自社で作業を単純化することや工程を単純化・明確にすること、例として図やイラストで工程を単純に記号化することによって、より効率よく的確な作業を実施できると言います。

また、インターネットの活用や動線に対する配慮を行うことによって自社での効率アップをより実現できるでしょう。

しかし、それだけ効率化を図っても外注に依頼したほうがコストを抑えられ、さらに社内のスペースや利便性への影響も期待できるのであれば、外注にしたほうがよいと言われていますので参考にしてください。