物流の不動産投資に対するメリット

不動産投資を始めようと考えている新社会人は少なくありませんが、どんな銘柄に投資をしたらよいのか迷う人も多いでしょう。

種類によってそれぞれのメリット・デメリットがあるため、信頼できる銘柄を選んだほうがよいと言われています。

例として、物流特化型の場合、物流関連の不動産物件に対して投資を行うもので、テナントの入れ替えが少なく、規模が大きいうえに安定した収入を見込めるのが特徴です。

また、物流市場は緩やかな拡大を見せており、比較的長期間の収益が期待できるでしょう。

しかし、テナントが退去するような事態になる可能性も少なくないため、物件選びは慎重に行ったほうがよいと言われています。

なお、特化型のほかに複合型や総合型といった物件も存在しているため、自分がどんな不動産物件を運用したいのか、慎重に確認してから運用してください。