どんどん進んでいく物流におけるDXの画期的な事例

物流におけるDXの事例というと、ロジスティクスシステムによる在庫管理などが有名です。

 

どの倉庫に何がいくつあるか、賞味期限はいつか、どこに運ばれていったかなどをリアルタイムで一元管理することで、ヒューマンエラーを抑え、在庫管理を行い、迅速な配送を実現してくれます。

 

近年では、システム面だけでなく、これまで人間でないとできないと思われていた肉体労働などの作業もDX化が進められているのをご存知でしょうか。

 

事例としては台車型物流支援ロボットやハンドリフト牽引型の自動搬送装置、自動フォークリフト、荷下ろしロボットの活用が挙げられます。

 

タブレット端末で簡単に無人搬送ルートを設定して自律走行ができ、人の後ろをついていく追従機能を持つ台車などが導入されました。

 

自動フォークリフトと自動垂直昇降機を連携させることで、夜間の出荷準備作業の自動化を実現した事例も注目に値します。