WMSを導入する物流企業が増えています

WMSとは、Warehouse Management Systemの略で、日本語でいえば倉庫管理システムのことです。

 

従来は人と紙で管理してきた在庫管理や棚卸作業、入庫や出庫などの作業をシステムで効率良く管理できるシステムのことを指します。

 

1つのメーカーやお店、ECサイトなどの中には、全国の複数の拠点に倉庫がある場合や店舗にも在庫があり、在庫を一元管理したいニーズもあります。

 

こうした面倒な在庫管理もリアルタイムで管理できるのが便利です。

 

たとえば、X倉庫である商品の在庫がなくなっても、Y倉庫にまだあるから出荷できるなど、スムーズに管理できます。

 

食料品などであれば、賞味期限の管理や医薬品なら使用期限の管理も必要ですが、期限切れが早いものから出荷していくなど、扱う製品の種類に応じても、便利に管理が可能です。

 

リアルタイムで効率的に管理できるので、ヒューマンエラーの防止や作業時間短縮、生産性向上に役立ちます。