物流にも学会が存在する

学会というと、医学会など医療の世界がイメージされます。

 

診療科ごとに学会が存在しています。

 

実は物流の世界でも学会が存在するのです。

 

日本物流学会と呼ばれるもので、毎年全国大会を開催して学術論文や研究成果の発表も行われています。

 

物流学会は物流業者の集まりとは異なります。

 

主な学会参加者は大学教授などの研究者たちです。

 

ご存知ない方も多いと思いますが、流通経済学とかロジスティクス研究など、物流関連の研究分野や学問があるのです。

 

そうした学問や研究をされている教授や研究者、その分野に興味ある学生などが参加し、時代のニーズを踏まえながら、さまざまな研究をされています。

 

近年では物流のシステム化やDX化、最近では物流業界の持続可能性などが取り上げられています。

 

こうした研究の成果を物流業界の企業やそれを支えるIT業界などが採り入れ、業務効率化などに役立てているのです。