ストップしたら大変な物流が担う機能

物流は、社会インフラを維持するうえでも重要な機能です。

 

物流がひとたびストップすれば、スーパーやコンビニに品物が並ばなくなり、機械や自動車などの製造も輸出入もできなくなり、あらゆる経済活動や消費活動がストップするおそれがあります。

 

物流は物の流れを支える機能ですが、いくつものルートがあり、大きく4つに分けられます。

 

調達物流は、工場などで製品を製造するために必要な原材料や部品を調達、供給したり、販売する目的で商品を仕入れるものを運んだり、倉庫で保管する流れです。

 

生産物流は、製造した製品や商品を販売拠点である営業所や店舗に運ぶことや倉庫などに運び入れる物流です。

 

販売物流は、商品が販売者から購入者へと移転していく流れで、卸売業者から仲卸業者、小売業者、消費者へと物が運ばれていく流れを指します。

 

回収物流は、返品物流やリサイクル物流とも呼ばれ、不良品や返品された商品の回収、廃棄物や容器・運搬器具などを回収する物流です。