協会の種類もさまざまある物流業界

物流業界には、関連業者が業種や目的に合わせて組織した協会がいくつか存在しています。

 

複数に分かれて対立しているのではなく、時代のニーズなどに合わせて、物流業界を支えるために新たに組織されたケースも少なくありません。

 

たとえば、一般社団法人 日本物流団体連合会は陸・海・空の物流事業者が結束し、物流業における横断的な課題の解決を図りながら、物流業の健全な発達を目指す団体です。

 

一般社団法人日本倉庫協会は倉庫業者が組織する団体で、倉庫業の健全な発達と事業の適正な運営を図ることを目指しています。

 

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会は、物資流通の円滑化を図るべく、物流や流通のマネジメントを図るロジスティクスについての調査や研究、企画の立案、人材の育成、指導などを行う団体です。

 

一般社団法人日本物流システム機器協会は、物流システム機器業界の共通課題を解決し、マテリアルハンドリングの効率化を図り、物流業界をサポートすることを目指しています。