物流の業務フローについて

物流は24時間365日ノンストップで稼働し続けています。

 

代表的な業務フローとして、倉庫管理業務におけるフローを見ていきましょう。

 

主な流れとして、まず商品を受け付け、入荷作業が行われます。

 

トラックで搬送されてきた商品を検品して仕分け、棚や定位置へと入庫することが必要です。

 

検品時にはどの商品をいくつ入荷したのか、ロット番号や賞味期限、使用期限など必要な商品情報とともにシステムに入力するなどして管理します。

 

在庫管理をしながら、注文や発注依頼に対応します。

 

注文に応じて必要な商品を必要な数、ピッキングし、検品のうえで梱包して、宛名シールを貼って出荷します。

 

場合によっては、返品対応もしなくてはなりません。

 

売れなかった製品や納品ミス、不良品などの返品に対応するなどします。

 

一連の流れを人やシステムが分業しながら担っています。