自社の物流の最適化を考慮すること

物流の最適化を考えるうえで、ARやVRだけではなく、ドローンやIoTなどの知識を欠かすことはできません。

 

省略できる部分を徹底的に省略し、複数の視点での情報を正確に把握できるようクラウドやサーバーを活用して情報を共有できるようにすることも重要です。

 

在庫の数など、全支店で各支店の残数を確認できるようになっていることなど、情報の共有化にもとづき自社の物流を円滑に進めることができる情報を一部の視点で止めてしまうことはありません。

 

自社で必要と言える情報を正確に把握したうえで、納得できる形で運用を実践することができるのは事実です。

 

しかし、導入するうえでのコストを考えた場合、外注をしたほうがいいのではないかという意見も少なくありません。

 

効率良く物流を外注することで自社の業務をさらに円滑に進め、業績アップにつながった例は多数存在しています。

 

自社の将来のことを考えて物流を自社で行うか、あるいは外注するか迷ったら一度専門家に見積もりをもらうことも検討してください。

 

弊社でも見積もりを受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。