物流における在庫管理の重要性

物流の現場では、倉庫における在庫管理がとても重要です。

 

在庫は商品の種類や時期、性質などにもよりますが、基本的には多すぎても、少なすぎてもいけません。

 

需要に応じてギリギリ、ピッタリというのも良いことではなく、急な需要増に備えて、ある程度余裕を持たせておくことも大切です。

 

一方、季節限定品や期間限定品、製造終了品、賞味期限や使用期限が迫っている商品などは在庫を抱えすぎないようにし、かつ期限内に在庫がすべてはけるようにすることが損失を出さないためのポイントになります。

 

もちろん、商品を売り切り、廃棄処分する在庫が出ないようにするのは売る側の仕事ですが、どの商品の在庫がいくつ残っているのか、期限はいつまでかがリアルタイムで把握できないと、上手に売り切ることもできません。

 

そのため、商品を預かっている倉庫側でシステム的に在庫状況を提示できるニーズがあります。