物流の仕組み

物流の基本的な仕組みは、物を倉庫で預かって保管し、必要に応じて入出庫を行い、適切な梱包や検品を行い、指定先に運ぶというものです。

 

どの業種のものを扱うかでも違いがあり、たとえば製造業なら、製造に必要な原材料や部品の運搬、倉庫への搬入や出庫から、工場で製造された製品の倉庫への入庫、出荷指示による梱包、出荷、輸送などが求められます。

 

地域のスーパーや小さな店舗では、仕入れた商品を自社の倉庫で管理するケースが多いですが、全国展開するような大型店や店舗を持たないオンラインストアなどを中心に、自社で物流センターを管理する場合や大型倉庫に物流サービスをアウトソーシングするケースも増えてきました。

 

オンラインで販売される幅広い商品を倉庫で在庫管理し、顧客からの注文が入るとピッキングを行い、梱包して出荷するという仕組みです。