避けたい物流の遅れとよくある原因

物流の現場では、常にスピードが求められています。

 

荷主やお届け先の納期の希望に添って、スケジュール通りに荷物を届けることが基本です。

 

特に近年は、各企業がスピード配送を顧客へのアピールとして提供していることもあり、物流の遅れや停滞は許されません。

 

とはいえ、どうしても遅れてしまうことはあります。

 

よくあるケースは、時期的な物流の増加や交通渋滞、天候の悪化や自然災害です。

 

時期的な物流の増加とは、お中元やお歳暮、クリスマスや年末年始など荷物が増え、引越しシーズンなど運ぶ荷物が増大するシーズンです。

 

キャパシティを超えると遅れが発生します。

 

ゴールデンウィークなどの時期は渋滞による遅延もリスクの一つです。

 

大雨や大雪などの天候不良は、安全管理上、トラックを走らせることができない事態も起こります。

 

大規模地震や水害などで、配達ができなくなるケースも少なくありません。