繁忙期は荷物の遅延が発生しやすい!その対策とは

いかにしていわゆる荷物の遅延を軽減するか、これが物流サービスの課題です。

 

IT技術の導入や物流業界の企業努力などによって、一昔前に比べて随分と遅延は減ってきたと思われています。

 

一方で、ネット通販サイトの大型セールが開催される時期、年末年始や大型連休の時期は依然として荷物の遅延が発生しやすいです。

 

そもそも運ぶ荷物量が、そのようなタイミングは急増するため、どうしても現場にしわ寄せが行ってしまう面は否めません。

 

ただし、年末年始や大型連休、ネット通販サイトのセールなどは毎年時期が決まっているため、来る繁忙期に備えて十分なリソースを確保することで遅延の対策は進められます。

 

IT技術のさらなる導入、新世代のAI技術の実装、現場スタッフの増員や若手の育成など、まだまだブラッシュアップできる要素は多々あります。

 

宅配便の配達は依然として陸路が中心であり、遅延対策として別のルートを新しく開拓することも良いかもしれません。

 

すでにドローンを活用した新世代の物流サービスが検討されており、陸路の混雑を避けられるメリットが期待されています。