日本の物流サービスへのニーズの傾向と変化

いわゆるデジタル時代に突入したことで、日本の物流サービスへのニーズは低下するのでは、といった予想がなされていました。

 

IT技術の普及により、人や物が直接移動しなくても、情報の交換ができるようになったためです。

 

しかし、予想とは異なり、物流サービスへのニーズは健在であり、むしろ一昔前よりも需要増加が期待されています。

 

たとえば、ネット通販サイトやフリマアプリの流行がその要因となり得ます。

 

スマホで簡単にネットショッピングやフリマへの出品ができるようになりました。

 

出荷された荷物は、物流業界が注文者の家まで配達します。

 

ネット通販やフリマアプリの利用者は近年増加傾向にあり、それに伴う形で物流サービスへの需要増も期待されています。

 

特に近年のトレンドであるフリマアプリやネットオークションは、個人間の荷物のやりとりをメインにしているのです。

 

やはり時代の流れか、その分野のニーズ増加が期待されています。

 

今までは企業を主な顧客にしてきた物流サービスも、環境変化に合わせて個人のネットユーザーを対象にした新しいプランを導入するなど、ビジネスモデルのブラッシュアップが求められてきているのかもしれません。