物流業務で重要となる破損対策

物流は、荷主の依頼に応じて、お届け先へ破損のない正常な状態で届けるのが使命です。

 

最初から破損していることや明らかに梱包の仕方が悪いなど、荷主側のミスの場合もありますが、なかなか立証することは難しいところがあります。

 

また、ドライバーが荷物を落としたり、引き受けた時はなんら問題がなかったのが、配送中に割れて水漏れしてきたり、カラカラと音がするようなことがあれば、これは配送中の破損と考えざるを得ません。

 

この場合、配送会社が賠償責任を負い、荷主に弁償をして、新しい商品をお届けし直すことになります。

 

1点ものであればお届け直しもできず、指定の日時に到着しないと意味がないものでは弁償しても、お届け先の目的は達成されません。

 

そのため、破損しないための破損対策は重要です。

 

荷主側での梱包の徹底をお願いするのはもちろん、ワレモノ注意のステッカーの添付、トラックの積み方の工夫、専用のガードの導入などさまざまな対策が施されています。