物流の品質が高いことこそ業務で大切

物流において、品質とは作業の質やサービス内容の質と言えるでしょう。

 

主に判断される基準は包装・輸送をはじめ、保管や情報などです。

 

適切に荷物が梱包されているか、輸送時に指定時間厳守で配達できるかなど、チェックするべきポイントは多数あります。

 

特に輸送時には法定速度を維持しているかなど、運転マナーなどを求められる可能性も少なくありません。

 

自社での情報の共有などが適切かどうかも判断基準となる場合が多いです。

 

たとえば、自社での在庫が適切に存在しているかどうか、倉庫を適切に管理するシステムやトラックごとの輸送状況を管理するシステムなどがあるかどうかにより、情報管理が適切かどうかを明確にすることができます。

 

効率良く利用することで顧客の満足度を高めることにつながるため、見逃せないポイントです。

 

作業の正確性やスピードはもちろんのこと、在庫の保管状況などに関しても適切であることが求められています。

 

弊社では多数の企業から荷受けや発送・梱包まで適切に行っており、多くの企業からの相談も受け付けているため自社の配送状況を改善したいと考えるなら、ぜひ一度ご相談ください。