物流業界が抱える問題とは

物流業界では、さまざまな問題を抱えています。

 

中でも大きな問題は、どの業界でも直面している人手不足です。

 

少子高齢化が深刻化する中、マンパワーの不足は物流業界においては一大事でしょう。

 

どんなにシステム化による業務効率化やピッキングや仕分けなどのオートメーション化が進んだとしても、細かい作業や移送、配送はマンパワーが必要です。

 

社会の物流ニーズに応えるには、24時間365日体制で業務に対応する必要があり、その分多くの人材を必要とします。

 

誰でも簡単に覚えられる仕事もあれば、フォークリフトやトラック配送のように資格や免許が必要な業務もあります。

 

適材適所の人材を必要なだけ確保するのはとても難しいのが現状です。

 

もう1つの問題は環境配慮です。

 

ディーゼル車規制やガソリン車にも規制がかかるかもしれない中、EV自動車の導入や水素自動車での輸送を考えるなど、次の段階にきています。