「物流アウトソーシングの課題とは」マニュアルから読み取れる改善点

物流をアウトソーシングについて導入を検討している法人、または個人の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

中でも慎重に考えている方であれば、物流における課題についても知っておきたいという方もいらっしゃるでしょう。
物流アウトソーシングを行うことで、コスト削減や顧客の満足度を向上させることにも繋がります。
そこで今回は、物流アウトソーシングを考えている方に向けて、物流マニュアルにおける課題と解決策についてご紹介します。

物流における課題とは

物流を実施するときの課題

物流における課題は、3つの観点から把握することができます。
まず1つは、物流を実施するときに浮き出る課題です。
納入時間指定やリードタイム短縮を主とした納品条件における問題、在庫管理などの問題、資材の仕様や輸配送などの環境対応における問題など、物流を実際に行なっている現場としての課題がいくつもあります。

物流改革を推進するときの課題

次の観点から見られるのは、物流改革を推進するときの課題になります。
物流アウトソーシングをする以前に、物流業者が効率化に徹したサービスを展開しているか、スタッフのモチベーションは高いのかといった意思決定間際に起きる課題が浮き彫りになるとされています。

物流を実施した結果の課題

そして最後に物流における課題は、物流を実施した結果にあります。
細分化していくと、納期期間、欠品、誤配送などの物流サービスにおける問題、輸配送コストや物流担当者の人件費など物流を行うに当たってのコスト面での問題があります。
サービス利用にあたっての物流における課題は業者によって問題のレベルが異なるため、慎重な業者選びが必要となります。

物流課題改善の必要性

顧客満足度の向上

物流課題を改善する際に必要になるものとして、まず1つめは顧客満足度の向上です。
どの会社でも利益を出すことによって会社が成り立っています。
会社で利益を捻出するためには、商品自体のクオリティを上げ、顧客満足度を向上させるようなサービスを提供することが重要です。
クレームの少ない業者であれば、会社の信頼性にも繋がり、顧客が満足している状態になります。
顧客に不満を持たせず、楽しんでいただくことで会社の利益にも繋がり、顧客満足度の向上になります。

従業員満足度の向上

顧客満足度の他にも、従業員満足度の向上も大切です。従業員の満足度が高い状態であると、会社全体を通して生産性や利益に影響を与えます。
従業員に納得のいく仕事をさせるには、一人一人の給与体系やスケジュール管理、評価基準などモチベーションに直結する制度を導入することが望ましいでしょう。
顧客満足度と合わせて、働く人たちの気持ちも推し量ることは物流課題を改善するために必要です。

物流における課題改善の3つのポイント

人材教育を強化

物流における課題改善には3つのポイントがあります。
まず一つは人材教育を強化することです。
営業や経理、倉庫作業などの各部門に別れた人材の教育をしっかり実施することで、顧客の求めるニーズを満たすことができます。

環境を変化させる

次に改善するポイントして、環境を変化させることです。
物流業界ではシステム化を導入することで、簡単な軽作業を効率化し、会社にとっての現場整備が行われ、より顧客に寄り添った発送ができます。
例に挙げると、作業チェックを行うことをシステム化した場合、スタッフの誤作業や間違えた商品を発送する誤発送の頻度を減らすことができるでしょう。

アウトソーシングで利益向上へ

自社の物流を最大限改善するためには、アウトソーシングを行うのがオススメです。
アウトソーシングを行うことで、日々の業務の生産性や利益を向上させることに繋がります。

まとめ

物流を自社で取り持っていれば、いくつか不安点が出てきている会社も多いことでしょう。
物流課題を解決方法はいくつもありますが、合理的に進められる外注化を行うことが会社にとって最もコスパの良い方針となるかもしれませんので、一度検討してみてはどうでしょうか。

株式会社フェスムでは、物流業務の代行サービスを展開しております。

また、DM発送業務も行なっておりますので、企業のクリエイティブ分野に力を入れようという方向性の場合は、お気軽にご相談くださいませ。