拡大を続ける市場規模と今後の課題

現在の物流業界の市場規模については、ネット通販の拡大が確実視されている以上、よりいっそう拡大すると期待されています。

日本の物販業においてネット通販はいまやなくてはならないものとされており、メーカーや生産者からの直送を含め、拡大する可能性は高くなっています。

現在の物流業界の市場規模は約30兆円とされており、日本の市場の規模が拡大しつつあることを示していますが、トラック運送事業などでは若年層の労働力不足が懸念されており、近い将来への課題と言われるようになりました。

安全に業務を遂行するために、目的地まで自動運転を行うトラックや非力な女性・高齢者でも重い荷物を運搬しやすいよう、運搬用のロボットを導入することも期待されています。

また、倉庫などでも無人で梱包や配送を行うことに対しての取り組みが、既に実現されるようになってきました。

今後もよりいっそう無人化や省力化が進むと考えられています。