物流KPIを経営面に結びつける方法

物流KPIとは、重要業績評価指標(Key Performance Indicator)を指します。

物流のコストや生産性、品質などをチェックしてサービスの向上を行うための方法です。

コストや生産性、品質やサービス、物流や配送の条件などで生じたデータを活用することで、よりサービス内容をアップさせるための秘訣を目の当たりにできるでしょう。

コストや生産性をチェックするポイントとして挙げられているのは、保管効率や積載率、日時収支や数量あたりの物流コストなどです。

品質やサービスをチェックするために使用される指標としては、遅延・時間指定違反率や誤出荷率、汚れや破損を発生した確率、クレーム発生率などとなっています。

物流や配送のための条件として挙げられているのは、出荷指示遅延数や配送頻度、納品までの時間などです。

それぞれのデータをチェックして、現在の状況から目標を設定し、そのために何をどの程度抑えられるのか、どの程度満足度の高いやり方にできるのかを見直し、社内に徹底させることが必要となります。