物流ソリューションを考える

現在物流ではサービスの高度化と物流コストの削減の両立という難しい問題を抱え、実現のためのさまざまな物流ソリューションが求められています。

 

鍵を握るのは「情報化」であり、各情報が連携することで高機能で高品質なオペレーションの提供が見込めるでしょう。

 

そのため適切な管理システム運用は、物流コストの圧縮と輸送効率の向上、サービスレベルの向上を両立させます。

 

ただしこうした物流ソリューションは単にその場しのぎでいいわけではなく、長期的運用と生産性の向上、お客様の経営と連携するロジスティクス戦略の立案が欠かせません。

 

物流の柱となる輸送・保管・荷役・包装・流通加工・情報の6つすべてを適切に管理し、活動を効率化することが重要です。

 

フェスムの通販物流では、時間的なコスト削減と経費的なコスト削減を実現し、小回りの利いたサービスを心掛けています。

 

どれだけ機械やデジタル技術が導入されても、物流を支えるのは「人」です。

 

フェスムでは次世代型のクラウドWMSを導入し、社内業務量を大幅に軽減させることもソリューションのひとつと捉えています。