物流ドローンでクライシスを回避

物流ドローンは、実用化に向けて、急ピッチで研究が進められています。

 

物流業界が直面している、物流クライシスを回避するもっとも有効な手段なのではないかといわれているからです。

 

物流ドローンというのは、ドローンの力を利用して、物を運ぶというものです。

 

今後時代が進めば、もしかすると、ドローンによって運ばれてきた荷物を、マンションの高層階で窓を開けて受け取るといった流れが可能になるかもしれません。

 

そんな時代になれば、道路を物流のためのトラックが走ることもないでしょう。

 

しかし、日本は物流ドローンについては遅れているといわざるをえません。

 

その理由が、徹底的な安全性の追求です。

 

日本は、医薬品などにも潔癖をみせるように、ドローンにおいてもその国民性が妨げとなっているのです。

 

仮に事故などが発生した際の対応などを考えているうちに、どんどんそのほかのドローン大国に追い抜かれてしまうでしょう。