物流のイメージ

物流のイメージというと、キツイ、重労働、肉体労働、長時間拘束、残業が多い、腰痛になりそうなど、マイナスのイメージを持たれる方も少なくありません。

 

確かに、マイナスのイメージを持たれる時代もありましたが、近年は働き方改革や労働環境の改善も推進されています。

 

働き方改革により、長時間労働に制限が設けられてきたからだけでなく、現実問題として少子化による人手不足で、改革しないと乗り切れない状況になっています。

 

省力化を図るために物流システムを導入し、人が行っていた作業をシステム化したり、オートメーション化したりと、業務の効率化が進められてきました。

 

もちろん、肉体労働などの大変な業務がすべてなくなったわけではありませんが、だいぶ業務負担が軽減されています。

 

システムの導入でヒューマンエラーも減り、時短により残業の軽減などにも役立っています。