物流の2024年問題とは

物流の2024年問題と一般に言われているのは、2024年4月からトラックドライバーの時間外労働の960時間上限規制と改正改善基準告示が適用されることを指しています。

 

簡単に言えば、ドライバーの労働時間が短くなることで輸送能力が不足するのではないかということです。

 

確かに、今トラック業界ではドライバーが不足しており、さまざまな取り組みが行われています。

 

たとえば、納品頻度や納品ロットの見直しなどは、ドライバーの1人あたりの生産性を向上させるための取り組みです。

 

1回の輸送で運ぶ納品ロットが大きくなれば効率が上がりますし、積卸作業のような付帯作業の時間を減らすためにはパレット化も必要でしょう。

 

こうした細かな対策とともに、各企業が輸送方法そのものを見直すことが急務となっています。

 

弊社は総合物流アウトソーシング企業であり、自社内で商品の保管、加工、輸送までをトータルで行うことができます。

 

物流システムを見直すなら、お気軽にご相談ください。