物流業界に導入されるAIの事例

現在多くの業界で、さまざまな問題解決のためのAI(人工知能)導入が始まっています。

 

物流業界においても徐々にAI導入の事例が増えていますが、その多くは倉庫業務の効率化や配送ルートの最適化などが中心になっていします。

 

その一例が、フォークリフトにAI判定システムを導入することにより運用の安全性を高めるシステムです。

 

これは、人が運転するフォークリストのドライブ映像データを活用するものですが、まだリアルタイム反映は開発途中にあります。

 

ほかの事例としては、AIを搭載したロボットによる物流倉庫の省人化です。

 

重要な業務であるピッキングは人が行い、AIは検品後の商品を所定の場所へと運ぶ作業を制御しています。

 

物流業界では、人員確保が現在の課題となっていますが、人とAIが協働することで、生産性を高め安全な省人化が進む時代が近づいていると言えるでしょう。