物流業界で進むM&Aのメリット

M&Aというと、企業買収などがイメージされ、あまり良い印象を持たれない方もいることでしょう。

 

ですが、M&Aには買収する側だけでなく、買収される側にもメリットがあります。

 

たとえば、買収側は地域に根差した小回りの利く配送サービスや人材の確保が可能です。

 

買収される側は安定的に仕事が入るようになり、労働環境の改善や賃金アップも期待できます。

 

また、M&Aは一方的に吸収するのではなく、合意に基づく合併や対等合併などの手段もあります。

 

地域の企業が複数社合併して、資金を拠出し合い、最新のテクノロジーを備えた物流センターを構築することや共同配送による業務効率化を図ることも可能です。

 

1社単独ではできないことも、M&Aを通じて力を結集することで、より生産性を上げ、売上アップを図り、業績拡大をしていくことも期待できます。